よくある質問について|オリジナル手ぬぐいの製作専門店としてプリント作成を激安価格で承ります。デザインを名入れ印刷した特注手拭い制作お任せ下さい。

フリーダイヤル0120-001-991
営業時間
平日 9:00~20:00/土 10:00~18:00
休日
日祝
  1. SPの卸
  2. オリジナル手ぬぐい
  3. よくある質問について

よくある質問について

オリジナルてぬぐい製作にあたり当店へ良くご質問を頂く内容を下記にてご紹介いたしております。手ぬぐいをオーダー作成されたい際に是非ご確認下さい。尚、下記に掲載されていないご質問に対してはお手数をお掛け致しますがメールやお電話などでお問合せ頂けますよう宜しくお願い致します。

極端な事を言えば、1枚からでも対応可能です。手ぬぐいの製法は大きく分けて「顔料プリント」「染め」「インクジェット印刷」の3パターンがあります。
顔料プリントと染めに関しては版というものを着色する前に作成する必要があり、最小ロットとして100枚前後を目安にしていただければと思います。
版を作る製法では1枚でも100枚分近くの料金がかかってしまう為、1枚の手拭い製作ではインクジェットという版を作らない製法が使われる事が多いです。

基本的には10日~2週間前後とお伝えしております。
担当スタッフにご相談いただければ、お急ぎの場合、数枚などであれば工場と調整次第で数日でお届けできるケースも多々ございます。
ただ、染めの中でも「注染」という製法は昔ながらの作業工数が多いものになりまして短納期対応は難しく1ヶ月前後は製作期間がかかります。

基本的なサイズは横90x縦33~35(cm)になります。
剣道やお祭り用のように頭に巻く時は若干短い場合もありますので横100(cm)や110(cm)で製作する時もあります。
もし、お使いの手ぬぐいが特殊な場合はお気軽にお問い合わせください。

可能です。インクジェットプリントというインクを直接吹き付けるカラーコピーをするような製法で制作します。
画質が悪かったりすると綺麗に印刷できませんので一度、製作に入る前に担当スタッフにご送付下さいませ。
また、インクジェット印刷は版を作るプリントや染めに比べて色数によりますが価格が高くなる場合が多いのでデザインを吟味させて頂く担当スタッフが色々とご提案いたします。

縫製費用が別途数十円かかりますが対応可能です。
ほつれが気になる方も多いかもしれませんが、手拭いの端にもちゃんとした理由と歴史が隠れています。
また、これは豆知識となりますが洗濯を続けると生地端から1㎝程度のところで自然に止まります。

まず、前提として色落ちはしていくものになります。
製造や販売する会社も色落ちすることを前提に手ぬぐいを染められており市販されている手ぬぐいは濃い色に染められているケースが多いです。
そして染料は堅牢度がとても強いので白生地に戻る事はございません。
ただ、基本的には洗剤を使わず、手洗いして陰干しして頂くと色落ちしにくいです。
染め以外の顔料プリントは裏面に色が抜けるものではありませんが、色の彩度は染めに比べて長持ちしやすいです。

岡生地、文生地というものがあり文生地は別名「総理」という呼ぶ場合もございます。
岡生地は目が細かくデザインの再現が文生地より高くなり、文生地は目が粗い為、細かいデザインには不向きな手拭い生地です。
正直、金額差は数円ですので一般的には岡生地でオリジナルてぬぐい製作するのが現状90%以上になります。
生地指定は提携プリント工場によりご対応が出来ない場合もございます。予めご了承下さい。

対応可能です。他にも手ぬぐいをPP袋に入れた後、JANコードシール貼りや熨斗巻きなどもできます。
お好みの納品形態がありましたら担当スタッフにご相談下さい。

手拭い制作方法により若干変わってきますので担当スタッフに再度同じデザインでご注文する可能性がある旨をお伝え下さいますと可否や保管期間のお伝えが可能となります。

反応染めや注染などの本染めがお薦めです。肌に触れる部分になりますので染料の方が肌触りも良いメリットがございます。
顔料は水や油などに溶けない色素で滅多に聞きませんがアレルギー持ちの方はかぶれる場合があるみたいです。
ただ、顔料も染料もともに肌への安全性については十分に考慮されていますのでご安心してお使い下さい。

扇子のオリジナル製作は当店にお任せ下さい!

専門スタッフがお客様をサポート!納期や価格など、お気軽にご相談下さい。

フリーダイヤル0120-001-991
営業時間
平日9:00~20:00 土曜 10:00~18:00(日・祝休み)
メール